まめまゆげ blog 映画

まめまゆげ blog

.::まめまゆげのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新作ゴ ジ ラ  マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

「男たちのゴジラ-GODZILLA-」



      ☆ チン     マチクタビレタ~
                        マチクタビレタ~
       ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ヽ ___\(\・∀・) < 伊福部復活まだ~?
            \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
       |  佐賀いちご  |/

 


投稿:松本

オップテッィックブラス!

             ____ ,,,_/
         、___─ ̄   ̄yヽ、
        .彡       /    \
         彡  彡 ///'''⌒Y^\|
         彡ミミ彡//──―─イ
         |  |    ━━━━                                                  
         ヽ,___イ ̄ ̄ ̄| ̄'フノ
          |  |    _|  | 
          \ \ ──  | 
          ___|   ヽ──イ'
        __//  |  /   \  
     / ̄/ ./   ___─ ̄ ̄ ̄─Y   
    ./   | |  __/.___─ ̄ ̄ ̄─ \
   丿  |___|/ __/ /⌒|       .ヽ
   /  /__ \| \.|;;;; |         |
  |   ./ /|/|   \___|;;;; |         |
  \__| .|/|/   ( ̄____  )        | |

   目をダブルクリックするとオプティックブラストが出るぞ!
   今日から君もX-MENだ!


 http://www.x3movie.com/

 楽しみです。


投稿:松本

音楽ドキュメンタリーフィルム

 音楽に関するドキュメンタリーフィルムは面白いし、人気がある。例えばピストルズを中心に据えたパンク物語や、巨大なパーティを舞台にしたデトロイトテクノのドキュメンタリー。定番としてウッドストックなんかもある。もっと映画よりに、テルミンとかモーグなんかもヒットした。


 いま、日本でオタクと、同時にそれらと融合した地下の日本産ハードコアテクノのドキュメタリーを撮ったら、おもしろいんじゃないだろうか。もうエイベックスの宣伝ばっかやったって、そこから発展なんか無いだろう、テレビ局。日本人がチップチューンをひっさげて、海外でDJする時代ですよ?



投稿:松本

フカキョンファンド

 映画ファンドと言えば『SHINOBI』だが、どうやらだだ滑り映画のようだと、そういう感が否めない。危険な物件ではある。しかし投資すればそれなりの見返り(試写とか、グッズとか)はあるだろうし、ファンには魅力的な商品である。知らんけど。

 そこで深田恭子主演映画への投資ですよ。

http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/money/396062

 タイトルは『天使』で、なんかの暗喩かと思ったら、フカキョンが天使役らしい。いたずら好きでキュートな天使が人々を見守り、勇気を与えていくって、つまり『ベルリン』つーか『シティオブエンジェル』っぽいのを想像すればいいんだろうか。あっちは天使が主役だが、『天使』はあくまで人間ドラマメイン、そこにちょこまかする『アメリ』的なフカキョンってことなんだろう。監督の宮坂まゆみって人は知らんなあ。PVの監督が映画に進出っていうのはよくあること。

『天使』 オフィシャルサイト

 それにしても、オフィシャルサイトのこのコンテンツのなさはどうだろうか。http://www.tenshi.bz/。ビズて。直球でいいが。『tenshi』ドメインなんか先にとられてるだろうから、これが採れただけでもよかったってことか。

 さて、ファンドだが。一口5~10万。フカキョンファンなら迷わず投資といきたいところだが、フカキョンで天使である。あと2~3年早かったらもしくはよかったのかもしれない。いまのフカキョンだとつらいかも。原作が桜沢エリカってのもどうも。原作読んだことないからわからんが、『下妻物語』なら嶽本野ばら原作ってだけでGOサインが出せた。中島監督ってのもプラス要素なんだが、桜沢エリカ+宮坂まゆみとなると「?」となる。男にはウケんよなあ、と。

 しかしホームページの宣材写真を見てみると、やたら冬な感じが出てて、個人的には良さそうだ。「あ、雪だ」とかやるんだろうか。やりそうだ。やっぱ「雪」だな、鍵は。雪にどれだけカタルシスを持たせられるかだ。あと翼な。翼。動かすんだろうか。そこんとこ説明してくんないと、金は出せん。


SEP日誌:映画「天使」 プロダクションの日誌(幅広くやっとる)
ジャパンデジタルコンテンツ信託 ファンドの内容はこちら
映画ファンド「SHINOBI」 こちらも松竹



投稿:松本

【地球】::THE CORE::【滅亡】

 うおーい、なんか『闇金ウシジマくん(スピリッツ)』がやさしい話になっとる!ファーストシーズンの初回・覚せい剤編の救いようのない話に比べたら、ホロリとさせてくれるじゃないか。オカマちゃん編。ほとんど丑嶋社長はサブ的な役割だったけど。またしばらく読めなくなるなあ。
 ビックコミックの『最強伝説 黒沢』はますますヒートアップ。


 ハリウッドらしい(底抜け)超大作を観たくなり、『ザ・コア(03)』のDVDを借りたんだが、まあ、なんつーか、、、あっそうって映画だった。公開当時は『アルマゲドン(98)』の地球版だという宣伝の仕方だったと記憶しているが、全然『アルマゲドン』には届いてない。日本でも大掛かりな宣伝をやったはずだが、たぶんコケたんだろうなあと。

 ストーリーをざっと説明すると、地球の外部コアの回転(コアの回転によって地球に磁場が生まれる)が停止したから、地中に潜って(スーパードリル船を開発)核爆発で再び外部コアを回転させようという、そういう映画。当然のごとく、主人公ふたりを残しひとりずつ死ぬ。

 なんというか、ときどきCGがちゃちに見えるときがあって、どっかで観た感じだなあと思っていたら、平成ウルトラマンだ。なんかCGとかエフェクトの感じが、平成ウルトラマンの特撮っぽいんだ。最初の山場である水晶の層で、行く手を阻んでいる巨大な水晶がコントで使うようなハリボテにしか見えないのはきつい。すごいよくできてる画面とちゃちな部分の差が大きくて、とほほ感が大きい。

 30代女性はこんなもんだろうが。

 しかし天才ハッカー役のDJ・クオールズは、よくこんなハッカーハッカーしたやつ見つけてきたなって風貌なんだが、プラダのモデルとかやってるのか。これからもハッカー役で活躍してほしい。

 観るべきところがあるとしたら、冒頭のスペースシャトルの大気圏突入部分だ。てっきりシャトルはアタマから大気圏に突っ込むもんだと思ってたが、これを観る限り、まず下の平べったい部分で摩擦の激しい部分を乗り切り、それから進行方向を向いて降下するんだな。ここは勉強になった。実際の降下がこれと同じだったら、だけど。

 あとは、軍の「デスティニー計画」のロゴマークが本物っぽくてイカしてた。シェパード・フェアリーにデザイン頼んだんだろうか。本当に、そういう部分しか観るところがない。。。


::THE CORE:: ホームページの出来がいいのがなおさら悔やまれる。


投稿:松本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。