まめまゆげ blog KISS in キヤノンのCM

まめまゆげ blog

.::まめまゆげのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KISS in キヤノンのCM

 イカす車だ。


 『イニシャルD』の主人公・巧海はアメリカのコミックではタークなんだそう。のび太がアメリカ西部に行った時ノビーと呼ばれたのと同じか。このコミックがヒットしたのかといえばそうでもなかったわけだが、アメリカには日本車改造集団が多数存在する。安い日本車をホットロッドのように改造し、レースをする。映画『ワイルド・スピード』はそんなスピード狂の若者たちの刹那的な生き方を描いた、と思いきやなんかよくわからんアクションものだったなあ。


 そんなのはどうでもいいが、そういう日本車改造好きな人たちは日本にだいぶ憧れてるらしいから、きっと車体にキティちゃんとか書いているに違いない。そしてそれがKOZIKの描くようなかっこいいキティちゃんに違いない、と日本車改造マガジンImport Tuner Magazineのサイトを覗いてみたんだが、そんなものは見当たらなかった。検索が甘いのかもしれんな。


 いろいろぐぐってみたら族車がヒットした。
 fromオーストラリアと書いてあるが、この住宅の感じ。日本だろう。

 http://www.ricecop.com/


 あんまり車とか、走り屋とか興味ないんだが。ホットロッドカルチャーが好きだというのもあり、CMの話題。久しぶりにかっこいいCMを見た気がする。キャノンのデジカメ「EOS Kiss」のCMだ。そう、ロックバンドKISSのメイクをしたこどもたちが歌いまくる、あのCM。


 キャノンEOS Kissデジタル:CM


 前回がデビュー編で現在放送中のやつがスクールバス編なんだが、これがめっぽうカッコよい。前回はただキャッチーなメロディだな程度にしか思わなかったんだけど(今見ると後ろの花火とかCGも頑張ってるんだが)、今度のは凄い。最後2秒くらいが凄い。最近やけにKISSのメイクが好きになったせいもあり、またやってるなとボケーっと見てたんだが、驚かされた。エースメイクの運転手のおばちゃんがニトロエンジンよろしくホットロッドボタンを押すと黄色のスクールバスがホッドロッドに変形し、一気に住宅地を駆け抜けていくのだ(後輪のみで走行)。なんかエースのメイクって弱い感じがしてたんだけど、これをみると超カッコよく見えちゃう。噂では歌舞伎の隈取りをヒントにしたメイクだそうじゃないか。シモンズのはまんま隈取りっぽいが。


 やはり最後のホットロッド変形シーンで燃えるんだが、なんというか、CM全体の構成もいいです。前回はずっと同じシーンでこどもが歌い続けるんで、30秒だと冗長に感じたんだけど、今回は最初から最後まで飽きさせない。非常にコンパクトにまとめられてていい。私がKISSのメークが好きになったのは、キティにKISSメイクを施した「HELLO KISSY」を見たから。やっぱり強い。あのメイクは永遠のパロディネタなんで、これのライセンスをとってきただけでキャノンの勝利は決まってたように思う。


 特にオチはないよ(^O^)/



投稿:松本
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mamemayuge.blog18.fc2.com/tb.php/84-d6f730ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。