まめまゆげ blog 2005年11月24日

まめまゆげ blog

.::まめまゆげのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小泉先生

 ふと、思い出し、


 「そういえば小泉総理に社会習ってたよな」

 「おう、そうだった、そうだった」


 、という夢を見た。

 目が覚めてからもしばらく、「あれ、本当に小泉総理に習ってたっけ、中学のときなのか、高校のときなのか、いやいや、卒業してからしか小泉の名前なんて知らんぞ」とぼんやりと考えていた。


 なぜそんな夢を見たのか。


 ところで、なぜ小泉総理になったとたん、二十一世紀の日本のあり方を問う問題が、こうも彼の手に委ねられることになるのか。日本最大のタブーのひとつ、皇室典範の改正もまた、彼の手に委ねられようとしている。そして首相は変える気満々っぽい。


 皇室典範に関する有識者会議

 http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20051124AT1E2400K24112005.html


 なんか、小泉家が摂政になりそうな雰囲気だ。

 いやまじで、首相の本音を聞きたい。それとも興味なしか。



投稿:松本
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。