まめまゆげ blog 2005年08月25日

まめまゆげ blog

.::まめまゆげのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松浦漬け。

かはー!今日なんか毎日新聞社の公衆電話の
横通ったら普通のテレカ販売機があったんで
見たら松浦あったよ!普通よ?そんなアイドル
系の販売機とかじゃないの!普通の販売機よ?
カハー!信じられん!
200508251317000.jpg

スポンサーサイト

あっそう

「お前、高野連に言うなら言え。俺はいつでもやめてやる。その代わり、お前が苫小牧を歩けないようにしてやるからな!」(茶木部長語録より)


 さあ、盛り上がって参りました。

 高知県の私立明徳義塾高校野球部員の喫煙&暴力の発覚による出場辞退によって幕を開けた今年の高校野球。もっと幕を開けてくれ、高野連。みんな期待をしております。
 ああ、ついに開くのね、秘密のベールが脱がされちゃうのね。
 むしろ、高校生の喫煙率が減少傾向にある中(全二回とも37%だった高校三年生男子の喫煙率が21.8%に減少)、古き良き体育会系高校生を貫き通すその姿は賞賛されるべきことなのです。順位をつけない運動会、子供をしかれない大人、深夜徘徊、ひきこもり。そんな現代に活を入れる、本来の高校生の姿が、ここに!

 そして57年ぶりに夏の甲子園を連覇した、駒大苫小牧高校での暴力事件発覚に全米が泣いた。ほう、野球部長による暴力ですか。ん?部長=先生?顧問のこと?27歳。血気盛んだね。
 しかもこの件、発覚した当初の学校側の説明だと「平手で3、4発」だったのが、父親の言い分によると、拳で10発、いろんな攻撃(バットで突いたり、蹴ったり、はたいたり)で計3~40発はやってると。ここにきて大きな意見の食い違いが判明、どういうオチに持って行くのでしょうか。話半分に聞いても20発。それでも学校側の証言の5倍ですし。(被害者は衆人(部員たち)観衆の中、一方的に暴力を受けた)

 その暴力を一通りふるって、部長のこの台詞であります。
「お前、高野連に言うなら言え。俺はいつでもやめてやる。その代わり、お前が苫小牧を歩けないようにしてやるからな!
 ああ、ヒロイズムに酔っていたのでしょうか。部長、さすがに引きますよ!捕らえようによってはいさぎよい。もしくはバカ。

 いやあ、幕はさらに開かれるのでしょうか。青春の闇を覆い隠す分厚い幕が。一斉に調べたら、予選通った高校がみんな黒だったりして。真っ黒。日に焼けてる。あと肺もな。がんばれ高野連、負けるな教育委員会。その白球には、一点のシミもあってはならないのだ。思い込んだら試練の道を、行くが男のど根性。アツいよ、なんか。コゲくさい。

 こんなグダグダな状態の中で、映画『タッチ』は封切られようとしているのであります。だから、高校野球開催中にやっとけと言ったのに(過去記事参照)。コケてしまえ。

 しかしここで私は謝っておかなければなりません。私、高校野球と映画『タッチ』に、まったく、微塵も興味がございません。ええ、そこは弁解の余地もなく、平謝りするところであります。ならこんな記事書くなよと。もっともです。おっしゃる通り。鋭い。どいする。

 なんていうか、一言でいうと、「あっそう」ということでありまして。


日本高校野球連盟(高野連)


投稿:松本

あのね、私もアキバ系なんですよ。(タモリ)

 む、家ん中より外の方が涼しいじゃないか。そうか、台風が来るのだな。台風好きとしては歓迎したい。
 そしてついに、TVブロスを立ち読みで済ませてしまった。なんか買い遅れたから、ちょっとな。まあ別に、特集も割と関心がないものだったんでよかったが。

 数ある番組表雑誌の中で、なぜTVブロスを選ぶかと言えば、大手メディアが必死で隠そうとしているブームの「かっこわるさ」を伝えているからなんだろうけど、普通に連載が面白いしね。

 どの連載も楽しみにしているんだが、その一つに『ネット探偵団』というITのホットな話題を提供するコーナーがある。1/2ページのスペースのコーナーに、コラムと、二つのサイト紹介記事が毎回掲載されている。コラムの内容は、動画版ブログ『vlog』についての記事だった。i-podのポッドキャストは、この動画配信にも対応しているらしい。
 
 またTVブロスのことなんだが、TVブロスを飽きもせず毎日観ることが出来る理由に、欄外の投稿(ピピピCLUB)と、ブロス探偵団が、毎日の番組欄とともに載っていることが挙げられる。内容は、テレビ番組やタレントに関する愚痴だったりする。

例)木村拓哉がドラマスタッフに配ったというジャージの背中に入れられた番組名はカタカナではなく漢字で“円陣”でした。(東京都中央区・木無羅多苦夜)7/11分

 考えてみると、投稿というシステムは、ことごとくブログに移行しているんだなあと思う。関係者による愚痴やチクリ、視聴者による不満や粗探し。少し前までは、深夜のラジオや雑誌だけが持ってた、些細な反体制的な空気や場の提供を、ネットが代行している。
 しかしその使い方を少し誤っただけで、先日のhotdogブログのような事態に陥ってしまう。それでなくとも事件を引き起こしてしまうネットだ。ネットに関する法の不整備で、事件として裁かれない案件も多数起きている。
 最近、イヤな噂がネット上に流れている。
 インターネットの使用を、免許にするという、そんな噂だ。信じたくなければ目を閉じればいいが、そういう暗黒政治は21世紀には流行りませんよと、いっても引き下がらない相手(お上)が相手だけに、厄介な事案だな。雑菌もなきゃ、生物は生きてかれませんぜと。

 かつて、浮き世絵師たちはお上の作り出す様々な妨害法案の隙を縫いつつ、民衆の憂さ晴らしのための絵を摺り続けた。日本人はそんな絵師たちのことなんか忘れてしまったが、ヨーロッパで再評価の気運が高まると、また国を挙げて持ち上げ始めた。
 や、まったく変わっていませんな。今も昔も。

 結局何が言いたかったかというと、働け、オレってことだ。


【2ちゃんスレより】
---
【首相】つくばエキスプレスに小泉首相も10分間乗車、秋葉原も視察

37 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 22:38:33 ID:Rm6bTqgV0
 側近「首相、ここが電気の街、秋葉原です。」

 小泉「きんもーっ☆」
---

 そうか、今日のアキバは首相祭りだったか。
 行けばよかったな。



投稿:松本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。